私たち東神興業株式会社は昭和26年に設立し、以来地元相模原市域を
始め首都圏で建設業に携わっております。半世紀を超す実績で高品質な
施工を皆様の元へお届けしています。
 
 

トピックス

     
     ◆◆◆◆◆◆◆◆◆採用情報◆◆◆◆◆◆◆◆◆


募集職種  : 土木技術者(若干名)

仕事内容  : 土木施工管理全般

雇用形態  : 正社員

勤務時間  : 8:00~17:00

給   与  : 資格・経験・能力を考慮のうえ、当社規定により決定

休日・休暇: 隔週土曜日、日曜日、GW、夏季休暇、年末年始休暇
        有給休暇、誕生日休暇(祝い金有)

※各種社会保険完備

随時受付 詳細は下記へお問い合わせ先までご連絡ください。

                               042-778-1020

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2019.12.27

        年末年始休業のお知らせ 
    令和元年12月28日(土)~令和2年1月5日(日)
         までを休業とさせて頂きます。
        1月6日(月)より通常営業致します。


2019.12.27  施工中現場
 【公共下水道管きょ耐震化工事(H30-8工区】
   相模原市内でアヅマ建設・東神興業の2社JVで下水道管(雨水)の耐震
     化工事を行っています。
        既設管きょ内に更生管を構築し、更生管と既設管の隙間に充てん材を
     注入することにより、既設管きょの強度を向上させる『パルテム・フローリング工法』
     にて施工しています。約13mの立坑を掘削し工事延長100mの管きょ更生
     工事です。現在は、鋼製リングの組立が約70mまで進んでいます。 
    

       パルテム・フローリング工法 

                立坑

         鋼製リング

              鋼製リング組立



                 
  
  平成30年6月に大阪府北部を震源とする地震において尊い命が
 失われたことを踏まえ、既存のブロック塀等の安全確保対策が進
 められています。
  この度、一級建築士事務所でもある弊社では「既存ブロック塀等
 の耐震診断に関する講習」を受講し、耐震診断を行えることとなり
 ました。ご不安な事があれば下記までご相談ください。
              ☎ 042-778-1020
   

2019.05.16
  河川工事のアルバムを追加しました。絵文字:ノート

2019.05.10
  工事実績を更新しました。

2019.04.16
  平成30年度絵文字:キラキラ 優良工事表彰 絵文字:キラキラ UPしました絵文字:ひらめき


2019.03.28  施工中現場
 【酒匂川流域下水道 箱根小田原幹線2-2工区管渠築造工事】
   
   現在、神奈川県流域下水道整備事務所発注の工事で小田原市内にて
  不動テトラ・東神興業・富士土建の3社JVで泥土圧式シールド工法
  (外径 φ1334㎜・内径φ1000㎜)施工延長L=1706mの推進工事を行って
  います。工期は平成33年3月15日の予定です。

   絵文字:矢印 右絵文字:矢印 右

絵文字:矢印 右絵文字:矢印 右絵文字:矢印 右
 
絵文字:矢印 右    
 
  この工事は、セグメントを使用した長距離推進で昼夜施工しています。
 推進約300mの地点には半径20Rの箇所があり、腕の見せ所でもありま
 した。もうすぐ中間立坑を掘り、刃口を替える予定です。


2019.03.25

 下水道工事の工事実績を追加しました絵文字:重要
  【
公共下水道境川第25-イ雨水幹線整備工事(1工区) 】


2017.01.10

 新社屋自社施工の様子を追加しました。


2016.12.10
 本社移転致しました。
 新住所は以下の通りです。尚、電話番号及びFAX番号に変更はございません。
 
 〒252-0335
    神奈川県相模原市南区下溝446-4

 絵文字:良くできました OK最寄となりますJR相模線の原当麻駅より、徒歩5分の好立地となりました。


                             
<雨水調整池工事>
      
 相模原市当麻宿地区土地区画整理事業に伴い、鹿島建設㈱
 からの下請負にて施工しました。この調整池は内空7,200㎥、
 貯水量5,500㎥  の大規模なもので、4.4~6tのスタンド型ブロック
 376個(本体部)と8tのスタンド型ブロック8個(ポンプ室)から成る施設
 でした。ブロックだけで1,800t、蓋やカルバートなどの二次製品総重量
 では3,300tを超える規模となり、材料搬入や製品設置の際の
 機械配置や搬入ルートなど計画性と施工精度が要求されました。

      
               内部導水溝

      
               ブロック据付

      
               現場打配筋

      
                基礎養生

      
               基礎打設前
  
  
 調整池設置時の掘削底面が相模川の水位より低いため、湧水の
 処理に非常に苦労しました。当初は、ウェルポイント工法にて対応
 を行う予定 でしたが、湧水が多いため釜場工法に切換え、ポンプ
 についても排水能力の高いポンプを2台使用し対応しました。